HOME|ご注意ください|圧力タンク、ポンプなどの機械設備の取扱いについて



圧力タンク、ポンプなどの機械設備の取扱いについて

大分県の小規模の水道施設において圧力タンクが破裂し、点検中の3名が死傷する事故が発生しました。平成28年11月29日現在、原因究明中とのことですが、同様の事故を防ぐため、水道施設の圧力タンク、ポンプなどの機械設備について、設置者は適切な維持管理をし、特に以下の点に注意しましょう。

  • 異常があるときは、専門家に相談しましょう。
  • メーカー等の定期点検を年に1回程度受けましょう。
  • 運転状況や使用年数により部品は劣化します。交換時期を表示するなど工夫し、定期的に部品の交換、修理などを実施しましょう。
  • 使用上の注意点は、わかりやすい所に掲示し、確認できるようにしましょう。
  • 圧力タンクの上に物を置いたり、乗ったりしないようにしましょう。
  • 機器の耐用年数等を把握し、適切に機器の更新をしましょう。

このページに関するお問合せは、西播磨水道企業団 施設課 給水係 Tel 0791-22-8312