HOME|お客さまへ|水道工事|水道管の凍結に注意しましょう



水道管の凍結に注意しましょう

気温がマイナス4℃以下になると防寒の不完全な水道管は凍ったり破損したりします。 特に多いのは、次のような水道管です。

  • むき出しになっている水道管
  • 北側にある水道管
  • 風当たりの強いところにある水道管

防寒の仕方

保温材を巻きます。蛇口が破損しやすいので上まで 完全に包んでください。

手近なものとして、毛布、布、発泡スチロールなど を利用するとよいでしょう。

なお、その上からビニールなどを巻いて保温材が濡 れないようにしましょう。

水が凍って出ないとき

自然に溶けるのを待つか、タオルや布をかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて気長に溶かしましょう。

水道管が破損したとき

止水栓を閉めて水を止め、企業団指定の指定給水装置工事事業者にご連絡ください。

関連リンク

このページに関するお問合せは、西播磨水道企業団 施設課 給水係 Tel 0791-22-8312