HOME水道事業の紹介|財政の状況/統計|決算について



決算について

平成28年度決算について

平成28年度の収益的収支は、2億2,586万円の純利益となりました。

事業収益は、給水人口の減少や節水機器の普及などによる使用水量の減少に加え、大口使用者の使用水量の減少、給水装置の新設等に係る分担金の減少に伴い、前年度と比較して1,171万円(0.9%)の減収となりました。

事業費用は、前年度に竣工した坂越水源地高度浄水施設整備工事の固定資産等の増加で減価償却費が5,234万円増加しましたが、地方公営企業会計制度の見直しにより計上していた特別損失が1億2,378万円、坂越水源地高度浄水施設整備工事による老朽化施設の撤去等に係る資産減耗費が1,934万円減少となり、全体としては、1億965万円(9.2%)減少しました。

建設改良事業の主なものとしては、水源地整備事業では、市場水源地で前処理ろ過機ろ材交換工事、加圧膜(2・3・4号)高度濁度計整備工事及び送水電動機(5号)整備工事、野田南水源地で複層式急速ろ過機整備工事を、配水池整備事業では、坪根配水池で場内整備工事を実施しました。

また、配水管整備事業では、相生市千尋町地内で配水管移設工事を、相生市汐見台地内及び相生市大谷町地内で水管橋改良工事を、たつの市揖保川町ひばりケ丘地内で配水管改良工事を、相生市汐見台地内、野田南水源地及びたつの市御津町朝臣地内で配水管整備工事を実施しました。

平成28年度末の業務概要

給水人口 53,106 人
給水戸数 23,415 戸
開栓件数 1,869 件
閉栓件数 1,777 件
総配水量 8,168,322 m3
有収水量 7,314,508 m3
供給単価 133.91 円
給水原価 118.50 円
職員数 32 人
送・配水管延長 398,780 m

損益計算書

貸借対照表

水道統計


PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償ソフト)のダウンロードが必要です。

Adobe Readerは、Adobeのサイト(外部リンク)からダウンロードしてください。


このページに関するお問合せは、西播磨水道企業団 財政課 財政係 Tel 0791-22-9370