HOME|災害対策|ご家庭でできる災害対策



ご家庭でできる災害対策

飲料水の備蓄

地震、台風など、広範囲で災害が発生した場合には、浄水・配水施設の損壊により送水が不可能になり、全面的な断水になることが予測されます。

企業団では、全力で復旧に努めますが、配水管の破損など復旧には時間がかかります。また、避難場所への応急給水も、送水施設の損壊の状況や道路事情により時間が左右されます。

このような場合に備え、ご家庭でも非常用飲料水を備蓄する習慣をつけましょう。

 

備蓄の目安…一人当たり1日3リットルで3日分

  1. 水道水を密閉できる容器(ペットボトル等)に空気が入らないように口一杯まで入れて、蓋をします。
  2. 直射日光が当たらない涼しい場所で保存します。保存期間は3日程度です。
  3. 3日が過ぎたら新しい水に取り換えましょう。
  • 水道水は、塩素消毒されているため、この消毒効果がある間は細菌が繁殖しませんが、時間と共に消毒効果が消失し、雑菌の繁殖など安全性が損なわれるおそれがあるので、飲料水として保存する場合は、保存場所、保存期間にご注意ください。

お風呂の残り湯の利用

お風呂の残り湯は流してしまわずに貯めておくと、消火用水やトイレの流し水として利用できます。

避難場所の確認

災害はいつ発生するかわかりません。通勤や通学の途中で災害にあうこともあります。普段から家庭や勤務先でよく話し合い、避難場所(避難場所が給水場所となります。)を確認しておきましょう。

非常持ち出しチェックリスト

災害に備えて、非常持ち出し品などの備えが必要です。 下の表を参考に、自宅にある物をチェックして必要な物をそろえておきましょう。 非常持ち出し品は、両手が自由になるリュックサックなどに入れて、すぐに持ち出せるように、また、家族全員が分かるようにしておきましょう。

非常食料

  • 飲料水(1人1日3リットルが目安)
  • 乾パン
  • 缶詰類
  • レトルト食品
  • インスタント食品
  • 粉ミルク・ほ乳瓶
  • 紙食器、缶切り
  • わりばし
貴重品類
  • 現金
  • 預貯金通帳
  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 免許証
  • 家や車の鍵
救急用具

  • 傷薬
  • ばんそうこう
  • 包帯
  • 脱脂綿
  • 風邪薬
  • 胃腸薬
  • 持病薬
衣類
  • 上着類、下着類
  • タオル・ハンカチ
  • 毛布
  • 雨具
生活用品
  • 万能ナイフ
  • ライター・マッチ
  • ガムテープ
  • ティッシュ
  • 洗面用具
  • 裁縫道具
  • 生理用品
  • 介護用品
避難道具

  • リュックサック
  • 携帯ラジオ
  • 懐中電灯
  • 予備の電池
  • ろうそく
  • ヘルメット、防災ずきん
  • 軍手
枕元に

  • 靴(スリッパ)
  • 懐中電灯
車の中に
  • 毛布
  • 寝袋
  • ビニールシート

このページに関するお問合せは、西播磨水道企業団 総務課 総務係 Tel 0791-22-7123